23197637_s-500x334

〜外国のごみ事情〜 アメリカ編

23197637_s-500x334

1 ごみの分別方法の差

pexels-pixabay-417054-500x250

① リサイクルごみ

日本でのごみの分別方法を大きく分けるならば、「燃やせるか、燃やせないか」ですよね。

アメリカでは「リサイクルできるか、できないか」で分別方法が違います。

例えば、紙やダンボール、ペットボトルや空き缶はすべてリサイクルごみになります。

リサイクルごみは、先程のリンク先の画像の青色のごみ箱に入れます。

② 生ごみ

③ ランドフィルごみ

2 ごみに対する意識の差

① ドギーバッグとは?

② 4Rとは?

・Rycycle(リサイクル・ごみをリサイクルする)

・Reuse(リユース・ごみを再利用する)

・Reduce(リデュース・ごみを減らす)

・Rot(ロット・ごみを腐らせる)

③ 渡米体験から見えた、市民のごみ意識

3 まとめ

便利屋モックアップ画像1-500x328-500x328