トイレの換気扇は一日中回した方が良い?寿命・電気代・交換時期の目安とは

便利屋 ライフパートナーズ札幌

0120-905-623

〒003-0876 北海道札幌市白石区東米里2198番地25

営業時間/24時間・365日対応 電話受付/08:00~22:00

トイレの換気扇は一日中回した方が良い?寿命・電気代・交換時期の目安とは

便利屋スタッフブログ

2021/02/01 トイレの換気扇は一日中回した方が良い?寿命・電気代・交換時期の目安とは

 

 

キッチンやお風呂場の換気扇は、使用した後には一時的に回すと思いますが、
トイレの換気扇はどれくらいの時間回せば良いのでしょうか?

 

一時的に回してもあまり効果がないような気がしますし、かと言って24時間回すのも電気代がどれくらい上がるのか気になりますよね。

キッチンやお風呂場の換気扇のようにはっきりとした目安がないので悩みどころですが、家にお客人が来ることを考えるとトイレは常に清潔に保ちたいと思うのが普通です。

 

ということで今回は、トイレの換気扇を稼働し続けるメリットやデメリット、そしてその寿命・電気代・交換時期などの目安を詳しくお伝えしていきたいと思います!

 

トイレの換気扇を一日中稼働するメリット・デメリット

 

トイレの換気扇とは言え、本当に24時間も稼働する必要があるのかというのが気になるところです。

 

24時間回すとなると電気代などのデメリットの方が先に浮かんできますが、実際にどのようなメリット・デメリットがあるのかをこれからお伝えしていきます。

 

メリット

 

綺麗な空気を維持できる

 

24時間空気の入れ替えをするので、ニオイが充満することがなくなり健康的にも衛生的にも良い効果を期待できます。

 

常に清潔な状態を維持できるということなので、友人や親戚の人が急に来たとしてもニオイを気にする必要がなくなるなど良いこと尽くしです。

 

結露・カビの防止に繋がる

 

トイレは水回りということもあって家の中でも特に湿気が溜まりやすいので、トイレ内に結露が生じることがあります。

結露だけならまだ良いのですが、その結露を放置するとカビになる可能性があり、色々と大変です。

 

換気扇が一日中稼働していれば空気中の湿気が溜まりにくくなりますので、そういった点でも換気する利点があります。

 

ホコリが溜まりにくくなる

 

換気扇を回し続けることで、ホコリが溜まることも少なくなります。
カーペットやタオルなどの繊維質がある以上、ホコリが出るのは仕方ありませんが掃除をこまめにしていたとしてもホコリは空気中にも舞っています。

 

換気扇を常に動かすことで空気中のホコリも溜まることがなくなるので、それも換気扇を回し続ける良い点です。

 

デメリット

 

電気代がかかる

 

換気扇を一日中稼働するとなれば、まず考えるデメリットは電気代ですよね。

換気扇は電力で動くので、動かせば動かすほどその分の電気代も上がります。

 

空調の効率が下がる

 

換気扇を稼働させない状態であれば、冷房や暖房をつける際はすぐに室内の温度を変えることができます。

ですが、換気扇を稼働させると室内の空気が外に出るので、室内の温度を変えるのに少々時間がかかります。

そういった点では、少し不便になると言えます。

 

冬は寒くなる

 

室内の空気が常に流れているということは、窓の隙間などから入ってくる風も室内で流すことになるので結果的に部屋が寒くなりやすいです。

 

夏なら寒くなることは無いですし、湿気が溜まりにくくなるのでむしろありがたいですが

冬の季節には余計に寒くなってしまうので、それが少しネックですね。

 

トイレの換気扇をフル稼働した場合にかかる電気代

 

 

今回の内容で気になるところは、やはりトイレの換気扇の電気代です。

 

お風呂場の換気扇の場合、なるべく湿気がこもらないようにする必要があるので喚起力が強い大型タイプが多いのもあって大体20Wほど電力を消費します。

 

それを24時間稼働すると電気代は高めになるでしょう。

では、トイレの換気扇の消費電力はどれくらいなのかと言いますと、一般的には2W~3Wくらいが多いです。

 

トイレの一般的な換気扇は小さいのでそれほど大きな消費電力は要りません。

なので、仮に3Wで一般的な電気代単価の27円/kWhで計算すると、1時間あたり0.1円もかかりません。

 

つまり、月にかかる電気代はせいぜい60円前後です。

こういったことを踏まえると、60円前後で1か月間の衛生面や健康面が良くなるのであればやった方が確実に良いと言えます。

 

トイレの換気扇の寿命や交換時期の目安

 

トイレの換気扇は基本的にフル稼働した方が良いことが分かりましたが、どんなものも使い続ければ劣化していきます。

24時間稼働すれば当然劣化は早まりますので、トイレの換気扇がどれくらいの寿命なのかを知る必要があります。

 

また、故障してしまった際などに修理しても交換時期が大幅に過ぎてしまっては、再び故障し修理代が無駄になってしまいますので交換時期の目安も把握しておきたいところです。

 

ということで、ここからはトイレの換気扇の寿命と交換時期の目安を順にお伝えしてきます。

 

寿命

 

まずトイレの換気扇の平均寿命ですが、メーカーや環境によって変わってきますが一般的には7~10年と言われています。

換気扇自体は10年~15年くらいが平均なので、トイレの換気扇は少し短めです。

 

交換時期の目安

 

トイレの換気扇を交換する時期の目安としては、

 

・喚起力の低下
・換気扇から変な音がする

 

の2つで判断すると良いです。

 

ホコリが換気扇内に溜まっている時も喚起力が低下するので、掃除して換気性能が回復すれば交換する必要はありませんが、掃除しても直らない場合は交換することをおすすめします。

 

また、換気扇からいつもと違う音が鳴りだした時も交換をする必要があります。

明らかに変な音が鳴ると中で破損している場合がありますので、そういったことがあればまずは点検し、必要であれば交換をするのが良いかと思います。

 

ライフパートナーズ札幌ではトイレの換気扇の掃除・点検など行っております!

 

 

“自分でトイレの換気扇を掃除したり点検するのが難しい”ということであれば、
弊社のスタッフが掃除・点検、必要であれば修理などをすることも可能ですので、お困りの際には

是非ご相談ください。

 

 

便利屋 ライフパートナーズ札幌
電話番号 0120-905-623
住所 〒003-0876 北海道札幌市白石区東米里2198番地25
営業時間 24時間・365日対応 電話受付/08:00~22:00
PayPay決済・クレジット対応(VISA・MasterCard)

TOP