Windowsの標準搭載されたセキュリティソフトを設定する方法

便利屋 ライフパートナーズ札幌

0120-905-623

〒003-0876 北海道札幌市白石区東米里2198番地25

営業時間/24時間・365日対応 電話受付/08:00~22:00

Windowsの標準搭載されたセキュリティソフトを設定する方法

便利屋スタッフブログ

2021/07/05 Windowsの標準搭載されたセキュリティソフトを設定する方法

 

 

前回は、Windows(特にWindows10)には有料のウイルス対策ソフトが無くても問題ないことをお伝えしました。

 

Windows標準装備の『Windows Defender』というセキュリティソフトが既に備わっているからですね。

 

今回は他のセキュリティソフトをアンインストールして、『Windows Defender』をセキュリティソフトとして設定し直す方法になります。

 

設定してしまえば、セキュリティソフトにお金を使う必要が無くなりますし、コンピューターウイルスにかかる心配もほぼありませんので、まだ設定していない方はこれを機に設定することをオススメいたします。

 

ただ、設定する際にいくつか注意点がありますので、そちらも合わせてお伝えしていきたいと思います!

 

セキュリティソフトの種類

 

設定方法の前に、主なウイルス対策ソフトの種類についてざっと確認していきたいと思います。

 

ウイルス対策ソフト(無料)

 

1. Bitdefender Antivirus Free

 

・検出率…5/5
・パソコンの軽快性…4.5/5

 

マルウェア(悪意のあるソフトウェアやプログラムの総称)の検出力が高く評価されているソフトです。

 

※英語対応のみ

 

2. Avira Free Antivirus

 

・ウイルス検出率…5/5
・パソコンの軽快性…4.5/5

 

無料のウイルス対策ソフトなのにもかかわらず、高い検出力があるソフトです。
パソコンのスペックにもよりますが、軽快性の評価も高いのでパソコンが重くなることは無さそうです。

 

3. アバスト 無料アンチウイルス

 

・検出率…4.5/5
・パソコンの軽快性…4.5/5

 

利用ユーザー数4億人以上の世界的に選ばれているウイルス対策ソフトです。

 

4. KINGSOFT Internet Security

 

・検出率…4/5
・パソコンの軽快性…5/5

 

パソコンの動作性が軽く、検出率も高めのソフトです。
無料のウイルス対策ソフトで唯一、電話サポートがあります。

 

5. AVG AntiVirus FREE

 

・検出率…4/5
・パソコンの軽快性…4/5

 

無料版でもウイルス・スパイウェアの検出、PCのパフォーマンス測定、危険サイト&スパムの検知ができるバランスの取れたソフトです。

 

有料のウイルス対策ソフト(有料)

 

1. ノートン 360

 

・ウイルス検出率…5/5
・パソコンの軽快性…5/5

 

世界シェア率No.1の最も利用されているソフトです。
検出率・パソコン軽快性・その他機能など、全てにおいて優秀です。

 

2. ZERO スーパーセキュリティ

 

・ウイルス検出率…5/5
・パソコンの軽快性…4/5

 

パソコン動作の軽さ・防御力ともにトップクラスのソフトです。

 

3. カスペルスキー セキュリティ

 

・ウイルス検出率…5/5
・パソコンの軽快性…4/5

 

強力なファイアウォールに加え、ウイルス検知力もトップクラスのセキュリティソフトです。

 

4.EAST セキュリティソフト

 

・ウイルス検出率…4.5/5
・パソコンの軽快性…5/5

 

ウイルス対策として強いのは勿論、パソコンの軽快性が非常に高いのが魅力的なソフトです。

 

5. マカフィー リブセーフ

 

・ウイルス検出率…4.5/5
・パソコンの軽快性…4.5/5

 

1億人以上が利用しており、PCやスマホなどへのインストール台数に制限が無い主流のソフトです。

 

6. ウイルスバスター クラウド

 

・ウイルス検出率…4.5/5
・パソコンの軽快性…3.5/5

 

ウイルス対策ソフトとしての基本性能が非常に高いソフトです。
セキュリティソフトとして12年連続1位の売り上げ実績があります。

 

無料のウイルス対策ソフトでも消去した方が良い理由

 

上記のウイルス対策ソフトを見て分かる通り、今は無料のセキュリティソフトも非常に優秀です。

 

なので有料でなくとも、無料のウイルス対策ソフトで何とかなってしまう部分はあります。

 

ですが、無料のウイルス対策ソフトを使うメリットより、『Windows Defender』に変更した方が良い面があります。

 

それは、「有料ソフトへの誘導通知」です

 

ほとんどのウイルス対策ソフトは、無料版を使用していると定期的に有料ソフトへの移行を勧める通知が来ます。

 

確かに、ウイルス対策ソフトの機能が発揮されるのは断然有料版ですから、企業からすればそういった通知を送るのは当然です。

 

ですが、ウイルス対策ソフトの有料版を使うつもりがない人からすれば、こういった通知はあまり良い気はしませんよね。

 

仕事をしているときにこういった通知のポップアップが表示されると集中力が削がれてしまいます。

 

『Windows Defender』は何かを検知したり、何処かの設定が不十分でない限りはそういった類の通知は来ませんので、その点でも『Windows Defender』の方が使いやすいと言えます。

 

既存のセキュリティソフトをアンインストールする方法

 

 

それでは、ここからは本題のウイルス対策ソフトのアンインストール方法をお伝えしていきたいと思います。

 

~手順~

 

1. 画面左下のWindowsマークをクリック(またはキーボードのWindowsキーを押す)
2. 設定(歯車マーク)をクリック
3. 「アプリ」をクリックし、お使いのウイルス対策ソフトをクリック
4. 「アンインストール」ボタンが出てくるので、それをクリック
5. アンインストール完了

 

以上でアンインストールは完了です。

 

ウイルス対策ソフトの種類によっては、二つ以上項目がある場合があるので、その時は二つ目以降も同じ手順でアンインストールしましょう。

 

※ウイルス対策ソフトは”パソコン一台に一つだけ”が原則なので、必ずウイルス対策ソフトをアンインストールしてから『Windows Defender』の設定をオンにしてください。

 

Windows Defenderの設定をオンにする方法

 

ウイルス対策ソフトをアンインストールしたら、Windows Defenderを設定します。

ウイルス対策ソフトを消した直後は、防御する盾が全く無い状態なのですぐにWindows Defenderをオンにしましょう。

 

~手順~

 

1. 画面左下のWindowsマークをクリック(またはキーボードのWindowsキーを押す)
2. 設定(歯車マーク)をクリック
3. 「更新とセキュリティ」をクリック
4. 左側の「Windows セキュリティ」という項目をクリック
5. 一番上にある「Windows セキュリティを開く」をクリック
6. 「ウイルスと脅威の防止」をクリック
7. 「Windows Defender ウイルス対策のオプション」をクリック
8. 「定期的なスキャン」がオフになっていると思うので、オンに変更

 

以上で設定は完了です。

 

「今すぐスキャン」というボタンを押すと、パソコンに異常がないかをチェックできるのでやっておきましょう。

大抵の場合は”見つかった脅威の数”が0になるので、それが確認できたら×ボタンで閉じましょう。

 

まとめ

 

設定後、「更新とセキュリティ」>「Windows セキュリティを開く」の画面で、緑のチェックマークのみが表示されていれば問題ありません。

 

もし、黄色や赤色のマークが表示されている場合は何らかの問題が発生していますので、その際はそれに合った対策方法をお試しください。

 

ライフパートナーズ札幌ではパソコンサポートなど行っております!

 

 

弊社では、パソコンのウイルス駆除・ネットワーク設定・環境設定などのパソコンサポートを行っております。

 

お使いのパソコンで何かお困りの際は、是非ご相談ください。

 

 

便利屋 ライフパートナーズ札幌
電話番号 0120-905-623
住所 〒003-0876 北海道札幌市白石区東米里2198番地25
営業時間 24時間・365日対応 電話受付/08:00~22:00
PayPay決済・クレジット対応(VISA・MasterCard)

TOP